FX 比較時に注目すべき証拠金と証拠金維持率

FX 比較時に注目すべき証拠金と証拠金維持率

FX 比較時に注目すべき証拠金と証拠金維持率 FX 比較する際に注目すべき証拠金は取引上必要不可欠なもので、FX会社に預け入れする担保金を指します。トレーダーたちが取り扱う取引の規模を示しているものでもあり、ある意味精神的な拠りどころになっています。この証拠金の額は取引業者によって異なっており、さらに言えば取引を行う通貨によっても違いが生じます。日本国内のほとんどの業者は、トレーダーたちが取引を行う総額の2%から5%に設定していて、これが必要証拠金となります。つまり100万円を取引すると、2万円から5万円の証拠金が必要です。

他の投資とFX 比較して、FXの場合はレバレッジをかけることが可能ですので、20万円の証拠金があれば、レバレッジ5倍で100万円の取引をすることが可能です。そして、実際の取引額と証拠金の残高の割合が、証拠金維持率と言われるものです。その証拠金がすべて失われてしまわないように、抑止力としてロスカットが存在します。

FXは余裕をもった取引を行うことが、非常に大切になってきます。しかし証拠金ぎりぎりまでの取引は、含み損によって強制ロスカットされてしまう可能性が高くなり、取引が続けられなくなってしまうので注意しなければなりません。

お知らせ