FX 比較する時危険信号になるマージンコール

FX 比較検討するうえで、ロスカットと同様に必ず覚えておかなければならないのが、マージンコールについてです。マージンコールとは、取引における警告メッセージのことで、ロスカットが強制的に執行されるトレーダーの抑止であるのに対して、マージンコールはその前の段階における警告となるものです。ロストカットとマージンコールは、とちらともトレーダーに損をさせないためのシステムですが、同時にFX取引業者の損失を防ぐものでもあります。

他の投資とFX 比較して、FX取引の場合はレバレッジをかけた取引を行うため、元手となる証拠金の数倍から数10倍までの取引を可能としています。このレバレッジはFXの魅力とも言えるものですが、短期間で大きな利益を上げられる半面、逆に大きな損失をこうむってしまう可能性もあります。しかし、ロスカットだけではいきなり取引を打ち切られる結果となり、トレーダーとしては納得のいかない部分がどうしても生じてしまいがちです。

そこで、警告といった形でマージンコールをすることによって、損失の危険性や口座の証拠金が少ないことを教えてくれる仕組みです。マージンコールは、証拠金維持率が一定の割合に下がると発動されます。