証拠金維持率と評価損益のFX 比較

FX 比較において必要最低限となる証拠金は、業者によっても異なっています。しかし、FXのシステムそのものは皆同じです。FX 比較の上で、証拠金維持率はトレーダーたちにとって、取引の目安となります。つまり、証拠金維持率は高ければ高いほど余裕のある取引を示すこととなり、200%を切るような維持率よりも、1000%を超えるような維持率の方が余裕があり、トレーダー本人たちにとっても、望ましい証拠金維持率と言えるでしょう。

評価損益は、取引後に発生するであろう利益を含み益、そして同じく発生するであろう損失を含み損といい、この双方を含めて評価損益と呼びます。当然のことながら、取引中は損益を確定させていませんので分かりづらいかもしれませんが、現時点のレートで決済した場合を仮定したものと考えると分かりやすくなります。

証拠金維持率はこの評価損益を含んだもので、簡単に言えば証拠金から評価損益を差し引き、あるいはプラスした割合が証拠金維持率に反映されています。大きくレバレッジをかけていると、この評価損益の割合も大きくなりやすく、含み損が多くなってくると、証拠金維持率の低下を招くといった結果になりますので注意が必要です。