がん保険のメリット

がん保険はがんに特化した保険ですが、医療保険よりもがん保険に加入するメリットはあるのでしょうか?まず、特徴をおさえておきましょう。

がん保険では、がんと診断された際に診断給付金を受け取ることができます。そのため、先進医療などのがんに有効な医療を選択することができます。そして、は診断時の給付金をはじめ、入院や手術、通院時にも給付金を受け取ることができます。最悪、死亡した場合にも給付金・保険金を受け取ることができます。

がん保険最大の特徴とも言えるのが入院日数に制限がないことです。中には制限を設けている保険もありますが、ほとんどが無制限です。但し、保険の保障開始期間は通常、契約した日から90日後に保障が開始されます。

以上の特徴から、がん診断時に診断給付金・一時給付金を受け取ることはメリットだと言えます。医療保険では診断時に給付金は発生しないので、先進医療によってがんを治療するなどの選択肢は取れません。また、入院給付金に限度がないのもメリットです。

医療保険では入院日数の上限が設定されているため、長期化しやすいがん治療では弱点と言えます。また、入院日数に制限がないことは、再発や移転などによって入退院を繰り返し行う場合にも強い味方となってくれます。

これらのようにがん保険には様々なメリットがあります。保険へ加入する前に、その保険のメリットを把握することも保険選びを失敗しないコツといえます。愛媛県行ってみない?